カラホージャ地名データベース

ディジタル・シルクロード > 遺跡データベース > カラホージャ地名データベース > Der Bau F
日本語 | English

アルベルト・グリュンウェーデルが作成したPlanskizze von Idikutschari調査報告書とを組み合わせ、ウェブを活用した地名辞書と地図索引に作り直しました。 [もっと詳しく..]

Der Bau F | カラホージャ地名データベース

図リスト

Fig. 6.
イディクート・シャーリの北側城壁、「都市」よりみた眺望。前景には崩壊した塔Fの横から瓦礫の山を通り、朽ち果てたモスクGの入り口に通じる道が見える。北側城壁のこの部分は崩壊が著しい。 小塔Fの直ぐ後ろの城壁の中には太い塔があり、その地階には地面の下に続く深く丸い穴が空いている。穴の側壁には、足を広げてはめ込み、登ることができるように、開口部がある。(城壁のこの部分の下には、崩壊したモスクHがある。)
Die Nordmauer von Idikutschari, von Innern der „Stadt" gesehen. Im Vordergrunde sieht man den Weg welcher, an dem modernen Türmchen F vorbei, durch formlose Trümmer zum Eingang des Vorhofes der modernen Moschee G führt. Dieser Teil der Nordmauer ist sehr ruinös. Unmittelbar hinter Türmchen F hat die Innenseite der Mauer einen dicken Turm, in dessen Erdgeschoß ein tiefes rundes Loch in die Erde hinabführt. In den Wänden des Loches sind Öffnungen, um biem Hinabsteigen mit gespreizten Beinen die Füsse einsetzen zu können. (Hinter diesem Mauerstück steht die moderne Moschee H.)

書籍ページ

29ページ

位置情報

マッピニング

地図検索

写真でつなぐシルクロード

遺跡リスト

Register