カラホージャ地名データベース

ディジタル・シルクロード > 遺跡データベース > カラホージャ地名データベース > Tempel V
日本語 | English

アルベルト・グリュンウェーデルが作成したPlanskizze von Idikutschari調査報告書とを組み合わせ、ウェブを活用した地名辞書と地図索引に作り直しました。 [もっと詳しく..]

Tempel V | カラホージャ地名データベース

図リスト

Fig. 37.
遺跡Vの平面図。
Grundriß der Ruine V.
Fig. 38.
遺跡Vの北部分、南側からの眺望。中央部には本堂の上部が破損した扉の向こうに壁龕と後壁に接しているベンチが見える。 本堂の左右には回廊があり、西側の穹窿(丸天井)は崩落しているが、東側は残存している。後ろにあるのは市外壁。
Ruine V nördlicher Teil von der Südseite aus gesehen. In der Mitte sieht man durch die oben zerstörte Türe die Cella mit der Nische und der Bank davor an der Rückwand, r. und l. von der Cella den Rundgang nach W. zu mit zerstörtem Gewölbe, während das östliche Gewölbe wohl erhalten ist. Im Hintergrunde die Stadmauer.
Fig. 39.
遺跡Vの南部分、西側からの眺望。市外壁の壁の中の、瓦礫で埋もれた壁龕のある幅10.2メートルの部屋とその下にある穴への出入り口が見える:向かって右側はあいているが、向かって左側は埋もれてしまっている。壁の残骸は市外壁の手前にある四角柱(ストゥーパ(Stûpa:卒塔婆)) を取り囲んでいる。その前の壁は目下の所写真による記録を作成することが計画されている。
Ruine V südlicher Teil von der Westseite her gesehen. Man sieht in den 10,20 m breiten Raum mit der verschütteten Nische in der Wand der Stadtmauer und den Eingängen in die Höhle dahinter: den offnen rechts vom Beschauer, den verschütteten links vom Beschauer. Reste von Mauerwerk umgeben den viereckigen Pfeiler (Stûpa) vor der Stadtmauer. Die auf dem Plan davorstehende Wand war zur Zeit der photographischen Aufnahme bereits umgelegt.

書籍ページ

51ページ

位置情報

マッピニング

地図検索

遺跡リスト

Register